TOHOシネマズが販売するオリジナルコーヒーのポスター
写真を拡大

 TOHOシネマズは、コカ・コーラの協力のもと、映画ファンのためのコーヒーを開発し、1日、全国64劇場で販売を開始した。「映画が終わるまでずっとおいしい、映画ファンのためのコーヒー」がコンセプトで、原料豆から抽出レシピまで全て刷新したという。

 香りと味わいのクオリティーにこだわり、アラビカ豆を100%使用した。また、全国に63人しかいないJ.C.Q.A.認定生豆鑑定マスターの川上明伸さんの監修で、原料豆に合った特別な抽出レシピを開発。映画鑑賞中、コーヒーが冷めてしまっても、「そのおいしさを長く感じていただけるようになった」という。

 ホットコーヒーとアイスコーヒーの2種類を用意し、価格はSサイズが290円、Mサイズが360円。