NTTドコモは、東日本大震災の被災地の産業振興などを目的に、宮城県東松島市のカキ、ノリ養殖漁場で情報通信技術(ICT)を活用した漁業支援の実証実験を始めた。養殖漁場に通信機能を搭載したブイを設置し、ブイから漁場の水温データを収集、蓄積して、漁業従事者がその水温データをスマートフォンやタブレット端末を使って確認・管理する。水温データを活用して水産物の生育の効率化を図り、品質や生産性の向上につなげる。

続きを読む