BS11の報道番組「ウイークリーニュースONZE」のビジネス情報コーナー「BizBuz」では、「食物繊維は毎食が重要!」と題して、食物繊維の持つさまざまな効果を紹介した。

厚生労働省が発表している食物繊維摂取量の目標値(18〜69歳)は、男性が1日20グラム、女性が18グラムとされている。だが、実際には男性が13〜16.5グラム、女性が11.8〜16.4グラムしか取れていないという。

食物繊維は「人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体」で、以前は体に吸収されない「食べ物のカス」だと考えられていたが、研究が進むにつれ、さまざまな効果が認められ、たんぱく質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルに次いで、体に不可欠な6番目の栄養素とまでいわれるようになった。

食物繊維の効果としては、まず胃や腸で大きく膨らみ、腸を刺激することで便通が良くなり、大腸内で発酵、分解されるとビフィズス菌などが増え腸内環境を整える「便通の促進・整腸」があり、次いで、よくかんで食べるものが多く満腹感を得られ、胃腸内をゆっくり移動して空腹を感じにくくする「食べ過ぎ防止」がある。最近注目されるているのが、血糖値の急激な上昇を抑え、糖を脂肪に変えるインスリンの過剰分泌を防ぎ、無駄な脂肪をため込まないようにする「糖分・脂肪の吸収を抑制」効果だ。

 この効果を狙って最近勧められているのが「ベジタブルファースト」だ。食物繊維を多く含む野菜を最初に食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え、ダイエットや生活習慣病対策につながるといわれている。だが、糖分や脂質を吸収してしまった後では意味がないため、毎食行うことがとても重要となる。

 だが、現代人の食生活で毎食野菜を先に食べるのは難しく、忘年会、クリスマス、正月、新年会と続く年末年始は特に困難。そこで、注目されているのが、難消化性デキストリンという食物繊維を含む特定保険食品だ。食事と一緒に飲むことで、ベジタブルファーストのような効果が得られる。大塚製薬の「賢者の食卓」のように、スティックタイプで、お茶やコーヒーなどに混ぜるだけで簡単に飲むことができるものもある。

2015年12月6日放送

放送時間:BS11毎週日曜日 午後6時00分~6時55分
キャスター:
元村 有希子(毎日新聞編集委員)
田野辺 美鈴
コメンテーター:
山路 徹(ジャーナリスト)
BizBuzコーナー
出演:猪狩 淳一(毎日新聞デジタル)

####
Weekly news ONZE×BizBuz: Cellulose in foods is important in every meal!

In the business news corner "BizBuz" of the news program "Weekly News ONZE" on BS11, the effects of cellulose in foods were introduced under the title "Cellulose in foods is important in every meal!"

The target values of absorbing cellulose in foods (for people from 18 to 69 years old), which are announced by Ministry of Health, Labour, and Welfare, are 20gram/1 day for men and 18gram/day for women.