クリスマス商戦に向けた玩具の関係者向け展示会「クリスマスおもちゃ見本市2017」でお披露目された調理玩具「究極のTKG」
写真特集

 卵かけご飯の卵をフワフワな食感に仕上げられる調理玩具「究極のTKG」が、タカラトミーアーツから10月26日に発売されることが分かった。卵を自動で割って、黄身と白身を分離させ、白身をメレンゲ状に仕上げることができる。価格は3500円(税抜き)。6日、東京都立産業貿易センター台東館(東京都台東区)で開幕したクリスマス商戦に向けた玩具の関係者向け展示会「クリスマスおもちゃ見本市2017」でお披露目された。

 「TKG」は「卵かけご飯」の略で、約5分でフワフワの白身の卵かけご飯を作ることができる。担当者によると、メレンゲ状の白身が特徴のエッグインクラウドから着想を得たといい、「ご飯だけでなく、そばやパスタ、カレーなどにも使えます。雲のようなフワフワの質感がキレイなので、“インスタ映え”もするかもしれません」と話している。

 「クリスマスおもちゃ見本市」は1981年から開催され、今回で37回目。今回はバンダイやタカラトミーなど50社が約1万点の玩具を展示している。7日まで。