3Dで出現確率が表示される「雲海出現NAVI」
写真特集

 三菱自動車はこのほど、“天空の城”と話題となった兵庫県朝来市の竹田城跡を望む立雲峡など全国20カ所の雲海の出現を予測するシステム「雲海出現NAVI」を同社のサイト「週末探検家」で公開した。

 「雲海出現NAVI」は、“探検マインド”を持つ行動派の人々に、「自然現象への挑戦」をテーマにしたさまざまな魅力あるコンテンツを発信し、週末に自動車で出かけてもらう過ごし方を提案する「週末探検家」プロジェクトの第1弾として企画。日本は、国土の70%以上が山地と丘陵地で、湿度が高く、「雲海」の発生にはうってつけの環境を持つが、必要条件がそろわないと見ることができない「雲海」を見る体験をサポートしようと開発された。

 システムは、立雲峡や富士山富士宮口5合目(静岡県富士宮市)、愛宕山(京都市右京区)など全国20カ所の雲海の名所の3D地形データに対して、天候状態、気温、気圧、風向、風力、湿度の予測データをインプット、専門家による知見と人工知能を使って雲のでき方や形状をシミュレーションして、雲海の出現確率を予測する。

 出発地点の住所を入力すると、最も近いスポットの週末の雲海出現確率が表示される。「雲海出現MAP」から雲海観測スポットを指定して出現確率を見られる。地図サービスと連携して、出発地点から最も近いスポットへのナビゲーションにアクセスできる。