LINE LIVEで配信された映像をそのまま放送した「Nj印」の画面
写真特集

 読売テレビは27日深夜、スマートフォン向け動画配信サービス「LINE LIVE」で配信したバラエティー番組「Nj印」を縦型の動画サイズのままで放送した。16:9の横長のテレビ画面にスマホサイズの縦長の映像をそのまま放送するのは極めて異例。

 放送されたのは、7月16日にライブ配信された番組で、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん、歌手のメロディー・チューバックさん、タレントのKABA.ちゃんが出演。「ニュースになること」を告白するというテーマでトークを展開したもの。

 西野さんは自身の絵本「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)の資金の募集など個人としてクラウドファンディングで集めた資金が総計1億円を超えたことを明らかにしたほか、KABA.ちゃんが最近まぶたの整形手術をしたことなどを告白。西野さんとメロディーさんは競作しているパインアメのPRソング「STAY MY LOVE」と「キイロイアメノウタ」をそれぞれ披露し、画面の中央に縦長の映像が流れ、余った部分にスーパーで情報を挿入するなどした。

 プロデューサーの西田二郎・編成企画部長は「スマホ配信の空気感をそのまま出せた。テレビの新たな可能性を感じている」と話している。番組は、同局の見逃し配信「ytv MyDo!」で「 見逃せ!Nj印」として配信されている。