7月11日が「セブン-イレブンの日」に! 日本記念日協会の記念日登録証
写真特集

 セブン-イレブン・ジャパンは、7月11日を「セブン-イレブンの日」として日本記念日協会に申請し、正式に登録されたと4日、発表した。

 セブン-イレブンの名称は、創業当初「朝7時から夜11時まで営業する店」であったことに由来しており、近年では7月11日になると、主にSNS上などで「セブン-イレブンの日」として盛り上がりを見せていたという。この盛り上がりを受け、今回同社は同日を記念日として同協会に申請した。

 記念日登録を記念し、セブン-イレブンでは限定商品を販売。代表的なスイーツ「THEセブンシュー」をイメージしたチロルチョコ「チロルチョコ THEセブンシュー」(35円)や「炭火焼 牛カルビ弁当」をイメージした「カルビー ポテトチップス 炭火焼牛カルビ弁当味」(152円)、また“7”にちなんだ商品として「東ハト 7倍でっかいキャラメルコーン」(143円)、“11”にちなんだ商品として「味覚糖 イーマのど飴 容器ミラクル11」(214円)などを6日から順次発売する。