「COTTON USA AWARD 2017」授与式に出席した佐々木蔵之介さん(右)と平祐奈さん
写真特集

 国際綿花評議会(CCI)は、「コットンの持つ“優しさ”や“さわやかさ”、“責任感”というイメージにふさわしい」著名人に贈る「COTTON USA AWARD 2017」に俳優の佐々木蔵之介さんと女優の平祐奈さんを選出し、10日、東京都内のホテルで授与式を行った。

 「COTTON USA AWARD」は、アメリカ綿のイメージアップと「COTTON USA」マークの認知向上を目的に、2004年から5月10日の「コットンの日」に毎年開催されているもので、今年で14回目。今回は「世界で信頼されるCOTTON USAで快適な旅」をテーマに、コットンのイメージに加えて旅好きでもある人を選出した。

 「役者としての責任感、役作りに対する真摯(しんし)な姿勢と自然体を感じさせる温かみのある人柄」という理由で今回選出された佐々木さんは、「私としては常に役者として危機感とできているのかという緊張感なんです。結果それが自然体で温かいコットンのイメージに合ったということで、役者としてなんとか成功できたのではないかと自己評価しています」と笑顔。

 また、「いつも前向きで周りのみんなを明るくしてくれる存在がコットンのイメージにふさわしい」という理由で選出された平さんは「毎日コットンにはお世話になっているので、選んでいただけて光栄」と喜んだ。