「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」
写真特集

 アディダス ジャパンは27日、FIFAワールドカップ(W杯)本戦初出場を決めた1997年当時のサッカー日本代表のユニホームを“再現”した記念モデル「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を5月1日から2万枚限定で発売すると発表した。

 97年11月のW杯初出場決定から今年で20周年を迎えることを記念した特別企画で、初出場を決めたマレーシアのジョホールバルでの試合で着用したユニホームを再現。袖には印象的な“炎”のデザイン、襟元には“ジャパンレッド”のデザインがあしらわれる。また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプス(三本線)がプリントされる。

 3種類(全て半袖)で、価格は「オーセンティックユニフォーム」が1万4000円(以下、税抜き)、「レプリカユニフォーム」が8990円。またキッズ用「レプリカユニフォーム」が6900円。