食卓の上を電車が走るスマートフォンアプリ「俺鉄 うまみ本線  by the MALT’S」
写真特集

 サントリービールは、食卓の上などで電車を走らせるAR(拡張現実)のスマートフォンアプリ「俺鉄 うまみ本線 by The MALT’S」を無料配信している。

 同社のビール「ザ・モルツ」を楽しんでもらう企画「俺のデジツマアプリ」の第1弾。スマホのカメラを食卓など平らな場所に向けると、AR機能で線路が現れ、車両が走り出すように見える。走行音も聞こえる。

 登場する車両は月刊「鉄道ファン」(交友社)の監修で、アプリダウンロード時はJR山手線の205系だけだが、「ザ・モルツ」の専用6缶パックや飲食店の専用ポスターにスマホをかざすと、トワイライトエクスプレスなど全国の人気車両16種類が登場する。うち対象の12種類を集めると、“幸せを呼ぶ”といわれる車両が登場するという。