イオンが販売するASC認証取得サーモン「トップバリュ 生アトランティックサーモン」
写真を拡大

 イオンはこのほど、環境に大きな負担をかけない手法で養殖された水産物に与えられるASC(Aquaculture Stewardship Council、水産物養殖管理協会)認証を取得したサーモン「トップバリュ 生アトランティックサーモン」の販売を開始した。ASC認証を取得したサーモンの販売はアジアで初めて。

 養殖は、稚魚や餌になる天然魚の乱獲、廃水・廃棄物による海洋汚染が問題となっており、ASCは、こうした問題に配慮した手法で養殖を行う養殖場のいけす単位で認証を与えられる。 「トップバリュ 生アトランティックサーモン」は、北極海域で5キロ以上になるまで育て上げられたサーモンで3品目を用意している。

 同社は、急速な水産資源の減少が心配される中、資源を残そうと持続可能な漁業の認証商品を積極的に販売するといった水産物の調達方針を今年2月に制定。水産資源の持続可能性に配慮した天然魚に与えられるMSC(Marine Stewardship Council=海洋管理協議会)の認証を取得した商品も取り入れている。同社の担当者は「消費者に環境に配慮したものが届く機会を増やしていける」と積極的で、2016年までにASC認証商品を6魚種に拡大することを目指している。