ユニクロ「シルキードライ」(左)と「ヒートテック」
写真を拡大

 とてつもなく暑い夏だった。朝晩にはようやく秋の気配を感じられるようになった。この記録的な猛暑でお世話になったのが、ユニクロのインナー「シルキードライ」だった。

 「シルキードライ」はユニクロと東レの共同開発した極細繊維で、まさに絹のような滑らかな肌触り(シルクの下着は持ってないが……)で、汗を素早く吸収・拡散するドライ機能の感触は最新スポーツウエアのようだ。夏は基本Tシャツで過ごすのだが、この夏は「シルキードライ」で、風呂上がりの汗ばむ肌もさらさらで、寝苦しい夜もさわやかに寝ることができた。

 そして、まだ残暑は厳しいが、既に「ヒートテック」が発売された。こちらも東レとユニクロが共同開発した繊維で、「シルキードライ」同様、伸縮性が高くフィット感は抜群で、まだその暖かさを実感するという季節ではないが、この薄いインナーで発熱、保温してくれて、着ぶくれせずにおしゃれに寒さを防げる。

 さらに男性用の場合は汗を吸収、発散してドライな肌触りを保ってくれるので、寒いところから暖房の効きすぎた建物に入ると思わず汗ばんでしまうという人にはおすすめ。女性用には、繊維にミルクプロテインを配合し、保湿効果を高めている。そのうえ、静電気対策も施されているという細やかな心遣いにあふれたインナーだ。

 昔は真冬の現場の張り込みで、寒い思いをして、風邪をこじらせたり、ひどい目にあったものだ。だるまのように着ぶくれして、それでも寒くて新聞紙を巻いたりという日もあった。あのころ、ヒートテックがあれば……、何て思うのは年のせいだろうか。